So-net無料ブログ作成

誕生日会でビーガン料理☆「いのちの食べかた」映画鑑賞会 [映画]

またひとつ年をとり、誕生日パーティーに招待していただきました[リボン]

友人Oが何ともステキなビーガンケーキ(植物性100%のケーキ)を作ってくれました☆
IMG_6530.JPG
豆腐とメープルシロップを贅沢に使ったクリームと
地粉とメープルシロップで作られた生地が贅沢な味でした[揺れるハート]
ココナッツフレークも香ばしく、めちゃ好きな味!
IMG_6533.JPG
ビーガンケーキは卵も牛乳も生クリームも入ってません!
胃にもたれないので、ついつい食べすぎてもOK!

夕食はみんなでビーガン料理を作りました
2.6.JPG
◎納豆&海苔&椎茸餃子
◎人参・椎茸・生姜・ニンニク・葱餃子
◎白菜・かぶ・昆布・玄米ビーフンのスープ
◎3種類のきのこ(椎茸・しめじ・ヤマブシ茸)のレモンのせホイル焼き
◎蓮根・ゴボウチップス
◎玄米ごはん
◎いちご

全部美味しかったけど特に餃子!
初めて全粒粉の皮を使ったんですが
何とも言えない香ばしさとうまみ溢れるパリッと感にやみつきでした!
IMG_6538.JPG

食後はいのちの食べかたのDVD鑑賞会をしました[映画]

この映画についてはこちら→http://tabekata.jugem.jp/

このDVDを見てベジタリアンになった人も多いという
うわさの映画・・・[exclamation]一度見てみたかったんです

もっと怖い場面が多いのかと思いきや
映像はアート的でむしろ綺麗でした。
(製作がオーストリアとドイツなので、まだ食品業界の現実もましなんでしょう)

でも、普段スーパーに並んでる食材が、
農薬にまみれて、想像もしないような扱われ方&手順で、
作られてるってことが現実にわかってよかったです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

THE COVE [映画]

映画「THE COVE」を見てきました。

日本では政治的な理由から、上映が禁止されていますが
海外では高い評価をうけ、アカデミー賞も受賞している映画です。

今回とある団体の自主上映会に参加することができ
ここで自分なりの感想を・・・。
(以下、ショッキングな画像が2枚ありますのでご注意ください)





------------------------------------------------------------------
まず、イルカ猟について。

和歌山県太地町ではイルカを年間約2万頭
捕獲していることはほとんどの日本人が知りません。
現地は至るところに「立入り禁止」「撮影禁止」の看板が立てられ
警察が常に監視していて尋常でない地域だからです。
news_090309_1_1_The_Cove.jpg
銛で突き、殺すという残酷な方法で、レザーワイヤーが張り巡らされた要塞のような入り江は血で真っ赤に染まっていました。
こんな海、見たことないので衝撃を受けました。

news_090309_1_2_The_Cove.jpg
映画によると、イルカは一頭で500万ドル稼げ、国立公園がスポンサーとなり
助成金を受け取っている巨大産業だそうです。

生け捕りしたイルカは世界各国の水族館に売られ、
残りは食用として学校給食に取り入れられたり、
現地のスーパーなどで鯨肉として売られているんだとか。

けれどイルカ肉にはWHO基準の20倍の水銀が含まれ
汚染されていることは知らされていません。

国はこの現実を隠してきているようです。
食用肉の需要が減っている今、このドキュメンタリーが日本で放送されたら、
国はイルカ殺しを禁止するしかないだろうと思います。

このフィルムを撮影するのも常に警察に監視され、
相当危険だった為、隠し撮りで公開されました。

そのため色んな意見があって当然だし 賛否両論はあるかと思います。
人工が倍増している今、人間が生きる上で何かを犠牲にしなければいけないことは分かります。
けれど、必要以上の殺生は避けてもいいんでないか?
正当化するなら隠すのはやめて、正直に対応してもいいんでないか?

と思いました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「犬と猫と人間と」見てきました [映画]

今日は、映画「犬と猫と人間と」を見てきました。

この映画のいわんとしてること・・・
それは、人間のエゴ・傲慢さ ではないでしょうか


何故か、怒りの涙が落ちました。
自分が、以前児童養護施設で働いていたときのことを
ずっと思い出しながら見ていました。


ペットブームで次々と繁殖させられる犬猫の影で、
飽きたら捨てる、いう事を聞かないから捨てる、
という人間の勝手さ・・・


この映画、いわゆるお涙ちょうだい的な映画ではなく、
しっかりと社会問題を取り上げたズシンと胸にくる映像でした。
(ミニシアターでしか放映されない現実が悲しい[霧]

・犬猫が一日1000匹も殺処分されてる現実

を映しながらも、

・動物愛護先進国イギリスの素晴らしい行政の取り組み
・人々の意識の改革

を見せてくれました。


イギリスでは、動物は市場で売られることはない。
犬猫を飼いたい家庭は、専門のブリーダーか保護センターに申し出に行く。
が、普通だそうです。
町中に野良猫・野良犬は一匹たりともいないのです!

その他、動物の権利を訴える団体や、
動物虐待や苦痛を与える生活に反対する活動も多く、
マスメディアも協力し、取り上げている…。

日本とのあまりにもの違いようで、驚きました[ぴかぴか(新しい)]


思わず、日本って、先進国ですか?
と聞きたくなった。


「制度・法律・人々の意識」
この三つが改善されたら、
本当の意味ですてきな国になると思います[ぴかぴか(新しい)]


まず、このちっぽけな自分に何ができるかを模索していきたい
と思いました。
(ちなみに今日帰って、NEWS ZEROのホームページに
”殺処分ゼロの取組み”を今後も放映してほしい、と意見を投稿しました)

↓興味のある方はこちらを見ていただけると幸いです。
http://www.youtube.com/watch?v=6Wc0vQPZpho


ちなみに、神戸のアートビレッジセンターでは
12/12(土)~12/18(金)10:30 、
12/23(水・祝)・24(木)19:10
で放映されてます[グッド(上向き矢印)]

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
―HOME―
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。