So-net無料ブログ作成

ぽこちゃんありがとう [猫]

1週間前の5月1日、飼っていた猫のぽこが亡くなりました。
以前もかかりましたが、また腎不全でした。

poko.JPG

彼女は本当にかわいい猫でした。
そして超甘えん坊の猫でした。

あまりに甘えん坊で、少しでも私がかまってあげられないと、隠れておしっこをトイレ以外の場所でしてしたり、彼女なりのアピールがいつもありました。
いろいろと手を焼きましたが・・・

ちょうど私の私生活がバタバタし始めた頃に、病気を発病しました。
かなりの甘えん坊だったからこそ、いろいろと彼女自身心配したりさみしさを感じたりして病気を発病してしまったのかもしれません。
その反面、私も思うように世話してあげられず・・・苦しかった。

もう腎臓が全く機能しておらず、歩くこともできないのに、私がいつもどおり彼女に声をかけると、いつもどおりシャキッと歩こうとして、必死に足をくいしばり答えていた彼女が忘れられません。
彼女自身、自分に何が起こっているのか、わからなかったに違いありません。

死んでしまったことがいまだに信じられず、いまもこの私の部屋にいるような気がしてなりません。
ごめんね、ぽこちゃん。
そして、ありがとう。

天国で会おうね。

poko.JPG

一匹の動物の命の重さを、改めて確認させられました。

・・・・
けれど、今日本では、いまだに捨て猫、捨て犬が後をたたない現状があります。
保健所で殺処分される犬猫の数、一日に5000匹以上いる現実・・・・[バッド(下向き矢印)]

---ペットショップに行く前に検討を-----

どうか、新たにペットを飼われようとする方は、ペットショップではなく、これから殺処分されようとしている保健所や、個人、団体で活動されている動物保護団体の方たちから、出会いを探してみてください。

ほとんどのペットショップは強制的に新たに命を作り出す一方で、売れなければ処分してしまう・・・負のサイクルです。
ガラス張りのショーケースに並んだ小さな犬や猫は、親から無理やり引き離された、かわいそうな子たちです。

どうか、それを一人でも多くの方に気づいてほしいなと思います。


ペットブームに潜む裏側。殺処分される動物について


最後に、今までぽこを可愛がってくださったみなさん、ありがとうございました。
これから、一人残ったぷーちゃんを大切に、暮らして行こうとおもいます。




nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ぽこちゃんから学んだこと [猫]

1~2週間前くらいから、ぽこちゃんが急にごはんを食べなくなり、
水も飲まなくなって、元気がなくなりました。

それで、先週病院に連れていき、腎不全で、もう命は残り少ないと言われました。

腎臓の機能が、もう1割しか機能していないそう。

先生に、毎日通院か、入院させるか、しないといけないと言われ、
毎日通院は車を出せないし無理だったので、入院を選びました。


・・・でも、苦しんでいるぽこちゃんを、知らない病院に置いてきたこと・・・

家に帰って、ぞわぞわ、ぞわぞわ、なんだか、すごく胸騒ぎがして、混乱して、
なんだか苦しくてたまらなくなって。

関西動物友の会のTさんに連絡したら、
入院なんかふつうさせへん。引き取って、自宅でみてあげ。
猫はどんなに苦しくても、見放されることが一番のストレスになるから。
人間なら、病院に入れられてもわかるけど、ネコは自分が見捨てられたと思ってしまう。

通院させるのが無理なら、自分で点滴をしてあげたらいい。
ぼくが、点滴をあげるし、ゲージも貸すから、最後まで家でみてあげて。

と夜中にいろいろアドバイスをくれて。


そのとき、自分がぽこちゃんにしてしまったことに改めてきづき、
自分の残酷さや、ぽこちゃんの叫び声が頭をぐるぐるまわって、
私はとんでもない間違いをしてしまったと、わーっと泣いてしまいました。


今週末に、ぽこちゃんを引き取り、Tさんから点滴の指導を受けることになりました。

遠いのに、色々な人に迷惑をかけて、それに、命を見捨てるようなことをしてしまった自分が悔やまれてなりません。



ぽこ②.JPG

続きを読む


nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

SOS★猫の赤ちゃんの里親募集中 [猫]

神戸市灘区のカフェごパンさんの友人が猫を拾われたそうです。
今現在、5匹の猫ちゃんを保護[家]されており、
もらい手を早急に探しておられるそうで、微力ながらブログにアップさせてもらいました。

CA3E0020.jpg111019_2116~05.jpg[猫]一匹は、10月14日(金)に、雨の中ニャーニャー泣いていた、推定2か月くらいのメスの猫ちゃんです。

※写真[カメラ]は今現在のものだそうです。

病院で血液検査とノミダニ駆除、検便をしてもらい、検便は虫なし、エイズは陰性だそうです。

フードも自分で食べてうんこもし、少し元気もでてきた15日(土)に病院から電話があり、
どうも猫白血病の反応が出たそうです。

今は神戸市北区の鈴蘭台の、拾われた方の家にいて、その方も猫を飼っているので、
一刻も早く預かり手&里親を募集されています[exclamation]


110904_1336~020001.jpg110903_1245~03.jpg[猫]それと、別にオス2匹、メス2匹、推定3か月の猫ちゃんも保護されています。

8月30日に保護されました。
この子たちはどの子も健康で元気な猫ちゃんだそうです。

写真[カメラ]は今から2ヶ月前のもので、今はもっと大きくなっているそうです。

※10月20日、写真を新たに追加しました。


4匹のうち2匹(オス1匹、メス1匹)は白と黒のブチ。
もう2匹(オス1匹、メス1匹)は黒ネコで、この2匹は臆病で人見知りするそうです。

今は神戸市垂水区の知り合いのおばさんの家で預かってもらっているそうですが、
その方も、たくさんの猫を保護されており、手がいっぱいいっぱいの状況です。

どなたか[家]猫を預かれる人がいたら、[電話]連絡お願いします!

[mail to]か、ごパンさん[電話](tel.078-802-2016)まで。
受け渡しは、引き取りに来てもらいたいとのことです。
(※車で連れていくと以前お知らせしたのは勘違いで、10月20日、変更ありました。)


以下、拾われた方からのメールを転載します。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

今起きている現実・・・名古屋ビーガングルメ祭りで知ったこと [猫]

ぷちゃん(茶)も好きだけど、今はぽこちゃん(黒)がかわいいなぁと思います。

帰ってきて玄関を開けたら、ぷちゃんは私にとびついてくるけど、
ぽこちゃんはそんなことはせず、すでにお皿の前で両手をあわせてお座りしている。。

それを見るたび笑ってしまうのです(写真がなくて悔やまれます。)

ぽこ②.JPG
↑この黒い子。
レシピ本を見てお勉強中の私のところへきて、ちゃっかり本の上に乗って、伏せ。
かまってよ~と邪魔しにきます。


見た目は目つき悪いし、知らない人にはすごく距離置くタイプだし、
疲れが限界のときに隠れておしっこして困らせるし。。。
このかわいさ、きっと万人には受け入れられないと思いますが、

もしTさんやおじいさんが保護してくれなかったら 今ごろ殺されているはずだったと思うと
生きててくれててありがとう。
という気持ちと とてもむなしい気持ちと
感謝の気持ちと
色々こみ上げるものがありますが・・・



続きを読む


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ぽこの意外な一面 [猫]

ポコ①.JPG
はじめまして、ぽこです[黒ハート]

この家に来る前は、とってもスリムだったんだけど
今はこんなにお腹が風船みたいにふくらんじゃったの。
(指で押すと3センチくらい引っ込むよ!)

この家に来る前は、人間恐怖症だったんだけど、
今は人間なんてへっちゃら♪

ポコ②.JPG
飼い主に見つめられると、すぐゴロンってひっくりかえっちゃう♪

お股も全開^^;

ポコ③.JPG

ちなみに、歩くときポコポコいうので、ぽこという名前なのです。

あーあ、ちょっとは「恥」を知ってほしいのですが・・・

続きを読む


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

天然サウナ [猫]

最近よく夢を見るのですが、今朝見た夢は、
部屋にどこからか猫がうじゃうじゃ集まってきて、
たくさんの猫に囲まれて大変なことになる夢だった。

どの猫の顔も一匹一匹覚えているくらい、リアルだった・・

サウナ①.JPG
   [左斜め上]ビニール袋サウナ状態のぷー子さん。
足で挟まれて、極楽じゃ[いい気分(温泉)]

こんな暑いのに、ネコはまだずるずる鼻水出してます。

サウナ②.JPG
 うっとりして、最終的にはこうなりました。


新しくきた片割れ、ぽこちゃんは最近またベッドでおもらしするようになってしまった[ふらふら]
油断大敵です。


「動物愛護管理法」の改正を求める署名
すでに署名にご協力いただいた方、ありがとうございます!
最終締め切り日、2011年6月30日(木)です!

画像をクリックするとPDFデータが開きます。
syomei_img_s_omote.jpg syomei_img_s_ura.jpg

4年に一度改正となるこのペットの法律。
一度決まれば4年変わりません!
日本のペット業界は命ある動物をモノとして扱わざるをえない、甘い基準の元に運営されてます。
この法律が原因で、今も捨て猫や処分される犬猫が大量に出ているのです。
詳しくはこちら

2012年は愛護法改正の年。
犬猫の問題は、この法律なくしては変えられません。
詳しくは「ペット法塾」さんのホームページより


続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新しくきたネコ [猫]

H23.5.27②.JPG
そういえば、この子が来てから、もう1ヶ月が過ぎました。
いつもお世話になっている、関西動物友の会のTさんからもらった猫です。
白内障ももっているので、目が白い猫ちゃんです[目]

1ヶ月たって、もうこの家の家主住人と化しました。
H23.5.14.JPG
↑舌を出したまま、ホットカーペットの上で寝るの図。

体重も大幅にアップ[グッド(上向き矢印)]
もう、最初のころの健気さはどこへいったか・・と思うくらい、豹変しました。



続きを読む


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

くみちゃん、おつかれさま。 [猫]

3月13日 日曜日、くみが亡くなりました。

病(腫瘍)に気付いたのが去年の8月頃。
お腹の腫れがあり、触ると固くて。
だんだんと調子が悪くなり、腫瘍が転移していきました。

秋ごろにはジャンプすることが出来なくなり、冬になると腫瘍から血が漏れ出しました。

この1月頃からは片足がむくんで腫れ、足を引きずるようになり、一日中寝ていることが多くなりました。
2月に入ると食事以外はほとんど寝てすごし、ぐったりとしていました。
3月になると、息が荒くなり、肩で息をしはじめて・・・

くみにとっては、とても長い、長い、病との時間でした。

でも、前日の夜まで、食欲があり、充分食べたはずなのに、
私が台所で作業をしていると、ご飯ほしいよ、とお皿の前まで必死に歩いてきたのです。

私の目をしっかり見つめ、声は出ないのに必死に口をパクパクさせて、何かを訴えていました。


2日ほど前から、くしゃみと鼻水が出だし、目がとろんとしてきていました。

そして13日の朝、起きると・・たくさんの失禁の跡が・・

ぜー、はー、と身体じゅうで息をし、
もはや歩くことは不可能。身体が全くいうことを利かない状態になっていました。
「くみちゃん」と呼んでも何も反応なく、ただ息をするのに精一杯で、
こんなくみは見たことがありませんでした。


あわてて医者に連れていき、診てもらいました。
「即入院か、自宅で酸素室を導入してもらうか、どちらかにした方がよい」
とのことでした。

自宅で見てあげたかったので、酸素室をレンタルすることに。
家に帰って、あと数時間で業者が酸素室を届けてくれる予定になっていました。

業者を待っている間、容態が急に悪化。
ゲッ、ゲッ、と呼吸が不規則になり、ぷちゃんが暖を求めてくみの横に来て丸くなったかと思ったら・・・
目を見開いたまま、息が急に止まりました。

「え?」何が起こったの?
「くみちゃん!?」と叫んでも、揺すっても、目をぱちくり見開いたまま。
まさか・・・と、身体を抱きかかえようとすると、首がだらんと、後ろに垂れ下がり・・・

その2つの目は、ぎょろっと白目をむき、口からはにごった液体、おしっこもわずかに漏らしていました。

くみは、亡くなってしまいました。

なくなったとき、現実でないような気がして、呆然とするのみでした。
でも、不思議と悲しい気持ちより、驚きと、ほっとした気持ちの方が多かった。



でも、くみが本当に灰になって、居なくなってしまった今になって、とても寂しさがこみあげてきています。

ぷちゃんは、何故か、珍しく「ウニゃ~?!」「ウニャ~!」と呼びかけるように何度も泣いています。
ぷちゃん・・・今までこんな泣き声聞いたことがありませんでした。
ちゃんと大きな声を出すのです。

ぷちゃんは生まれたときから猫が何十匹もいつもいる環境で、
私の家に来てからも、くみが大好きでいつもくっついていたので、よほど寂しいのでしょう。


1匹だけの夜がとても辛くて、寂しくて、
ああ、昨日はここにくみが来てご飯のためにお座りしてたなぁと思い出したり
トイレの掃除をしていても、いつもくみの影が頭にあったことを思い出したり
急にどーっと悲しさがこみあげてきて、一人大きな声で泣きまくって過ごしました。

(隣の家の人、ごめんなさい)


業者が来る数分前に息をひきとったことを考えると、
何か、最後までくみは飼い主に手間どらせないようにと、
金銭面でも迷惑をかけないようにと、
遠慮しながら死んでいったようにも思えます。

しかも、ちょうど仕事が休みの日に亡くなり、火葬もしてもらえ、最後まで飼い主に見送られて。

まるで、”こんなワタシを飼ってくれて、大切にしてくれたんだから、最後まで迷惑をかけたくなかったよ”
と言っているようです。ほんとうに、そんな気がするのです。


私はこんなにも長い間、くみを苦しませてしまったのにね。

くみちゃん、安らかに天国でお眠りください。


あなたがなくなって、失ったものの大きさに今さらながら、気づかされています。

まるで自分の一部分がなくなってしまったかのようです。



続きを読む


nice!(10)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

くみちゃんの一生 [猫]

私が飼っている、ねこのくみちゃん。

動物を保護されているSさんから、事情があってゆずり受けました。

くみを飼って、もう1年と2ヶ月がたちました。


くみは、がんを発病しています。

今、ふくらんだお腹が自壊し、血がどくどくと流れだし、くみは必死に病と戦っています。

くみの足.JPG左足はもう、機能が果たせず、腫れていて、ずっと右足の力だけでなんとか歩けている状態。


←左足が、右足と比べて3倍以上に膨れています。

 お腹は血だらけです。



お腹がすいたときにはがんばって歩いて、お皿の前で両手を揃えて座っています。
でも、ほとんど一日じゅう寝ている状態。

3日ほど前から、息遣いが荒くなって、ハア、ハア、と忙しく、なんとか息をしています。

急に咳き込むような息をすることもあって、はらはらします。


大好きな段ボール箱が今お気に入りで、でも血でどうしても臭くなって、箱を開けるとぷーんと匂います。

私も温かく湿らせた布で何度も拭いてあげているけど、こればかりは止めようにもありません。


続きを読む


nice!(4)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

新年あけましておめでとうございます。 [猫]

いつもブログを訪問してくださり、ありがとうございます。

昨年は本当に多くの方々に支えてもらった一年でした。
こうして新年を迎えられたことは、まわりの力添えなくしてはできなかったこと。
ありがたく受け止めています。

年始に、いつもお世話になっている関西動物友の会のTさんより
ガンで闘病中の猫のくみにと、小包を送っていただきました。

H23.1.8.JPG最新の抗がんサプリメント5種類をはじめ、錠剤を割るためのニッパーや、哺乳瓶代わりの注射器(ゴムがすぐ弱くなるからとたくさんの数…)、ミルク、甲田光雄先生の本「少食が健康の原点」、Tさん発行の小冊子(いつもとても面白いです)、その他何から何まで・・・

こんなにもたくさん・・・詰められていました。
自分の保護している数十匹の犬猫の世話だけでも大変なのに・・・

抗がんのサプリメントがこんなにあるとは知らなかったので驚きました。
感謝の気持ちと同時に、自分がなさけなくもなりました。

ひとつひとつ手にとって「ほ~」と見ているうちに・・・ほろっと涙が出てきてしまいました。

「あんたは幸せなネコやねぇ[ぴかぴか(新しい)]
と思わずくみに声をかけました。


続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
―HOME―
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。