So-net無料ブログ作成
検索選択

朝から大げんか [猫]

昨日も今日も、朝から二匹、大げんかです[あせあせ(飛び散る汗)]

原因は、ぷちゃんがくみにちょっかいかけること。

最近は、くみちゃんは自分で毛づくろいをほとんどせず、
全身をぷちゃんに舐めてもらっています。

H22.12.18.JPG←全身なめなめご奉仕される、くみ女王の図[猫]

この優雅な顔・・・施設にいたころの彼女からは、想像できない姿です。

ぷちゃんは、毎日大変なのです[ダッシュ(走り出すさま)]


でも、度重なるちょっかいにしびれをきらしたくみちゃんが、とうとう怒って・・・
ねこパンチ!
とっくみあい!
叫びまくり!

くみとぷー子のけんかシーンはこちら


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

祝・ブログ1周年 [猫]

今日、なんとなーく考えたら、ブログをはじめてちょうど1年たったということが分かりました。

この1年間、本当に濃い一年だったなぁと思います。

こんなブログを訪問してくれる皆さん、ありがとうございます!!


1年前は、ひやひやしながら写真をとったり、今思い起こせばよくこんなこと書いたよな、
っていう記事もあります。


ブログを書こうと思ったのは、少しでもベジタリアンの楽しいライフスタイルを知ってほしかったからです。


そして、くみちゃんと、ぷちゃんを飼う事になったことが、
これほどまでにブログに情熱を注ぐことになりました。

彼女たちは今までの辛いネコライフから逃れ、
今も私のひざの上でまどろんでいます。

くみちゃんは、最近はジャンプすることが出来なくなり、
ガンが今も進行しているのか、体調は徐々に悪化している気がします。

でも、自分がブルーで落ち込んでいるとき、彼女たちをふっと見ると
どれだけ励まされ、慰められるか。

自分が辛い状況になればなるほど、ネコに助けられているなと、しみじみ感じます。
puname.JPG
・・・・
でも、いまも日本のペット業界のシステムにより、大量生産され、
売れ残って捨てられていく動物たちは山ほどいます。

そしてにんげんが食べるための家畜は増え続け、
そのかわりに・・・エサの穀物生産のため、森林伐採のために棲みかを失った野生動物は
どんどん絶滅に追いやられ続けています。


1年前とくらべて、自分の考えも少しずつ変わってきた部分もあります。

少しは、大人になっていると嬉しいです。

でも、これからも、できるだけ地道にがんばっている人を応援していきたい、
そのためには微力ですが、少しの自分の犠牲もいとわない、
というポリシーを持ち続けていきたいと思います。


では、これからも、よろしくお願いします!

nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日光浴 [猫]

かご入りぷー子.JPG
なにか、ベランダのほうでごそごそ音がするから行ってみたら・・・



何となしにベランダに置いてたかごに、ぷー子がすっぽり入ってました。

びっくり・・・[たらーっ(汗)]


天気がいいので自分で快適な場所を探したらしい。

彼女にはいつも、驚かされてばかりです。


ぷー子をもらうとき、できるだけ人気のない、
ぶさいくな子を選んだつもりでしたが

お日様のもとで見たら、案外美人かも?!なんて。

かご入りぷー子①.JPG
本格的に寝る体勢になってしまいました。


今日も朝から ひとり大運動会して(←これ日課[あせあせ(飛び散る汗)])、疲れたんでしょうか。


(※ひとり運動会=部屋をひとり超高速スピードで走り、荒らしまくること)


ジャストサイズだね。

おやすみなさい。



nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

SOS★猫の赤ちゃんの里親募集・・・!! [猫]

名古屋の友人のブログで知りました。
ダンボール箱に猫の赤ちゃんが6匹も捨てられていたそうです。

拾った人は仕事もあるし家族が猛反対しているそうで、
今すぐに引き取り手を捜しています。
うち3匹はもらい手がつき、残り3匹

詳しくはブログを見てください!→時々シュールな精進日和
---------------------

ペットブームの裏側で、不幸な動物たちがいることを忘れないでください。
「飽きた」「いう事を聞かない」「病気になった」など
いろんな理由で処分される動物がいます。

日本のペット業界では、ほとんどが生後ヨチヨチ歩きの頃から売りにだされるため、
(日本人は子犬・子猫を好む傾向があるので[霧]
親子・兄弟との愛情を築く間もなく、一人の中に入れられてしまいます[人影]

そのため、[犬]社会性が身につかず、大人になっていう事を聞かなかったり
問題行動を多く起こす原因になっているそうです。


[ひらめき]欧米などの先進国では、ペットをガラス張りのケースに陳列して売ることは禁止しており、
ほとんどがブリーダーからの直接引き渡しです。

[ひらめき]日本ではペットオークションに子犬が出されるのが生後1ヶ月前後で、
店頭に並ぶのもだいたいそのくらい。
生後3ヶ月と表示されてあっても、1ヶ月頃から店頭に並んでいる動物だったりもします[ふらふら]

--------------------------

必死に生きようとする動物の本能に反し、
全国で年間30万匹以上、一日1000匹以上が殺処分されている現実があります。


■殺処分を行うことで、猫を減らそうという方式
ねこを産ませては殺して減らすという前時代的で非人道的な考え方。
処分数は微々たる減少だし愛護法にもそぐわない。
殺処分される猫は、「捕獲しやすい」という理由から子猫が大半を占めている。
satsushobun.jpg
※厚生労働省も最近「処分に待った」をかけ新たな飼主を探すよう
自治体に異例の指導をしています。


■不妊手術によって猫を減らす方式
成猫の不妊手術をし、子猫が生まれないようにする。
確実に生かして減らせる方法。
不妊手術協力獣医師だと手術費5千円~1万円でできる。
命の大切さを子供達にも伝える事につながる[ぴかぴか(新しい)]
funin.jpg
※環境省指針(捨て犬・捨て猫を不妊手術の徹底で減らす・譲渡も促進し
引取りも処分を減らす方針)にも沿っているし、税の無駄づかいも防げる。


私たちの税金を 殺処分するための費用にあてるより、
避妊・去勢手術への費用にあててほしいと思います。[グッド(上向き矢印)]


nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

動物病院との出会い&動物愛護管理法・署名をありがとう [猫]

最近、猫のことで一喜一憂していましたが、
いつも周りの人に助けられているなぁ・・・と実感しています。

先日、素晴らしい動物病院さんと出会えました。

うわさでは聞いていて、一度行ってみたいとは思ってましたが
遠いので、チャンスを逃していました。

行ってみて、なんでもっと早く行かなかったんだろうと後悔してます。

プー子は鼻が悪いので、いつも近所の病院へつれていってましたが、
その差は歴然でした。


続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

くみの近況・ベジタリアンの医学 [猫]

お腹の毛を剃られ、がん発見後、人格が変わってしまったかのように
おとなしくなってしまった猫のくみちゃんも、
あれから10日ほどすると元気にもとのくみちゃんに戻ってくれました。

10日間、声を殺して、人間恐怖症になっていたくみちゃん。
私がそばを通ればささーっと逃げるし、
常に私の行動をじーぃっと観察されていました。
kumi①.JPG
けど、もう昨日くらいから、私のそばに寄ってきて
ニャーニャー!!
お腹を出してごろんごろん、そればっかり。

うるさいくらいに
完全復活しました☆


私がひとり言を言うと、くみも「うんにゃ?」と返事してくれるし
今日も人間の子どものように、むにゃむにゃおしゃべりしています。


犬猫施設にいた頃には決して見せなかった彼女の姿。

心から、信頼してくれて、安心しきっている姿が嬉しいです。


色々と、心配してくださった皆さまには本当に感謝しています。
ありがとうございます。

続きを読む


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

シャンプー決行☆ [猫]

今日は猛暑といわんばかりの暑さ・・・

プー子をシャンプーしました[ぴかぴか(新しい)]
8.13pu.JPG
みよ、この変わり果てた姿・・・
風呂場で、暴れて暴れて・・・大声で叫ばれた。)

プー子、絶対噛んだり蹴ったりしないんだけど、とにかく水を怖がってました[あせあせ(飛び散る汗)]

でも、すぐコロッと忘れるのが彼女のいいところ。

くみはいつまでも根に持つけど(ずるがしこいから;)、プーちゃんはさっぱり、マイペース。

やなことは忘れてしまいまーす。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

野宿に生きる人と動物・くみの悲しい現実 [猫]

捨てられた動物の保護活動をされているsさんが
飼いきれなくなったねこを、縁あってもらいました。

それが、くみです[猫]

もう5歳以上はいくと思います。
もともとノラ猫(捨て猫)でした。
出産は2回は経験しているそうで、だいぶ落ち着いた年寄りねこです[猫]

今日は、くみの避妊手術の日でした。
(今さらさながら、ですが・・・)

室内飼いだから外に出ることはまずないけど、
万が一 出ることがあった場合を考えて。
それに、春先に発情してミャオミャオ泣いてすごく辛そうだったので。

6月に応募した神戸市のメス猫の避妊手術助成金も当たったのと、
偶然お盆休みに開いている病院を見つけたので、行ってきました。

「13時半に手術を開始しますから、17時に迎えにきてください」

と言われ、17時に迎えにいきました。

けれど、結局手術はされませんでした。

理由は、悪性腫瘍があったからです。
つまり、ガンだったのです。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

プー子が愛しくて [猫]

プー子は60匹も猫がいる小屋の中で、ずっと生まれたときから暮らしていました。

親猫の避妊・去勢手術をしないから、どんどん繁殖して・・・

あまりにたくさんいるので、充分に面倒も見られず、陽の光に当たることもなく。

その60匹の猫たちを善意で引き受け、必死で面倒を見ていた関西動物友の会代表のTさんにもらいました。

続きを読む


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
―HOME―
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。