So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画『フォークス・オーバー・ナイブズ』いよいよ公開! [映画]

食に対する常識を覆し、全米大ヒットを記録した現代人必見のドキュメンタリー映画 『フォークス・オーバー・ナイブズ(forks over knives) - いのちを救う食卓革命』が、いよいよ大阪シアターセブンで劇場公開となりました。(2/9~3/1)
http://vegerevo.com/scr



「この映画を見て、すぐにキッチンの動物性食品を片付けた。 以来5ヶ月半の間、ずっと菜食を続けてる」

と、著名な映画監督、ジェームズ・キャメロンなどが大絶賛。

ドキュメンタリーとしては異例の全米大ヒット。
劇場でヒットを収めた後、18万枚以上のDVDが販売されました。
同名の本はニュヨークタイムスで ベストセラー本として紹介されています。 (本はこちら→Forks Over Knives: The Plant-Based Way to Health


■作品紹介 『フォークス・オーバー・ナイブズ - いのちを救う食卓革命』

牛乳を飲むと骨がもろくなる?
動物性の栄養素はガンを促進する!?

脂肪と膵ガン.jpg

約半数の国民が何らかの薬を常用し、3人に1人が糖尿病を発症、毎年100万人が心臓疾患とガンで命を落とすと言われているアメリカ。
医療費の増大が 社会問題となり、ダイエットが注目を浴びる一方で、真の問題は見過ごされたままになっていた。
しかし、動物性食品こそが不健康の原因だと唱えるこの映画は、問題の本質を明らかにし、多くの人々の支持を得て全米で大ヒットを記録することになった。

卵や乳製品を含む、一切の動物性食品を食べない菜食主義はビーガンと呼ばれ、最近ではクリントン元大統領が実践していることで話題となっている。
クリントン元大統領はエセルスティン博士の著作に影響を受け、助言をもらってビーガンを始めたと言われる。
また、マドンナやナタリー・ポートマンなど、多くのセレブもビーガンを実践しており、幅広い人々に支持を広げている。
そのきっかけとなったのが、本作で紹介されているキャンベル、エセルスティン両博士の研究だ。

本作には実際に菜食主義を実践して、病から立ち直った多くの実例が紹介されている。
それと同時に、菜食を阻む見えない力についても言及している。


菜食主義は極端だという偏見、加工食品に偏った手軽な食生活。
食品業界の意向が優先される学校での食事プラン。
肉を食べないと力が出ないという思い込みなど、日常に潜む問題点に警鐘を鳴らす。

見れば自分の食生活を見直すきっかけになるはずだ。
食(フォーク)はメス(ナイフ)を征するという事実を明らかにする衝撃作である。
http://vegerevo.com/a




”葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻)”[左斜め上]この本は、私も読みましたが、とくにおすすめ[ひらめき]


キャンベル博士によると、食べ方の基本は以下のようになります。

●食べるべき食品
果物、野菜、豆類、キノコ類、種実類、海藻類、全粒穀物

●最小限に抑えるべき食品
精製炭水化物、植物油、魚介類、調味料

●避けるべき食品
[犬]肉類、家禽類、乳製品、卵[猫]


コリン・キャンベル(T. Colin Campbell)はコーネル大学の栄養学の教授で、栄養と癌の関連についての専門家であり、ダイオキシンやアフラトキシンといった毒物に関する研究や、史上最大の栄養・疫学調査といわれる「チャイナプロジェクト」を指揮したことで有名である。

研究結果を受け、妻と子どもも含めて完全菜食者になった。
大学でベジタリアンの栄養学を教えている。


・・・・
食と医の関係を科学的に検証して菜食中心主義が 自分の健康のためにも、また、持続可能な社会のためにも大切だと訴える力強い作品です。

大阪での上映は、3月1日までとなります[ぴかぴか(新しい)]
おはやめに!


nice!(28)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 28

コメント 6

Ginger

環境汚染で土壌や水源がまた・・・と思うと暗澹とします。日本も放射能を垂れ流しているけど・・・。
by Ginger (2013-02-09 15:09) 

yuki-.-

Gingerさん
そうですね。
このまま家畜を育てていくと、環境汚染がすすんで、もうあと10年ほどすれば大変な事態になることが予想されています。
この映画は、自分の食生活、これまでの医療のあり方に気付かされる作品だと思います。
反対に、肉食業界はそれを阻止しようとやっきになっているけれど・・・xx
by yuki-.- (2013-02-09 18:10) 

マーフィー

さすが七藝!観に行きたいです。
by マーフィー (2013-02-09 23:07) 

yuki-.-

マーフィーさん
あ、シアターセブンですね^^;
やっぱり!
これは見に行かねばいけませんね!
by yuki-.- (2013-02-10 00:52) 

クローヴ

日本でも、菜食主義は極端だという偏見、これありますよね。
菜食主義というと変わってる人だとか。。。
悲しいことです。
by クローヴ (2013-02-12 12:10) 

yuki-.-

クローヴさん
はい、日本では変人扱いです。笑
世界(とくに先進国)ではベジタリアンの食生活が見直されてきているんですけどね。
日本では逆行してより肉食化していると感じます。

このマクガバン報告書も、アメリカで発行されて40年後にようやく日本で出版されたくらいですから・・・日本は相当遅れていると思います。

by yuki-.- (2013-02-12 17:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

―HOME―

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。